Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます






The June - Makes Me Feel Good (2008)

The June - Makes Me Feel Good [Pete Ham]
     THE JUNE hail from Parma, Italy. 
     Chris Raven (g,v), Matt White (b,v), G (d) 
 
2008/09   single   Makes Me Feel Good 

 
The June / Magic Circles 
2009/   CD   Teen Sound Records(Italy):TEENS 057     11.  Makes Me Feel Good 
The June - Magic Circles TEENS 057 big
 
 
 
The June - A Day in the Life
 

★★★

[イタリア語/親子] Gens / Brenda - Per chi

Badfinger の曲をカバーして、その何年か後にその人の子供も Badfinger をカバーしたケース。 [Pete 孫が生まれた記念]
 
Gens - Per chi [Ham - Evans / Italian Lyrics: Daniele Pace]
 
1972/04/   7"   Philips:6025 056     Per chi  b/w  Piccolo grande amore Gens 1972
 
Gens - Per chi (1982 re-recording) 

1972年の方は3:20前後で、全部イタリア語。
1982年の再録音は3:50前後で、後半に少しだけ英語が入ります。
再録音のVocalは、オリジナル盤にはいなかった人。
どちらもコンピCDに収録されたりしているので表示タイムで判断しましょう。
 
Per chi 演奏風景とメンバー紹介 (1972)

このBass奏者が Ettore Cardullo で、メンバー紹介では一番最後に座った人。
彼の娘 Brenda Cardullo が、この34年後にCDデビューしました。
 
 
Brenda - Per chi [Ham - Evans / Italian Lyrics: Daniele Pace]

 
2006/07/21  CDS   Per chi / Per chi (violin version) / Per chi (karaoke version)
Brenda - Per chi (2006)
 
Brenda - Per chi (karaoke version)  
 
翌2007年に大ヒットしたのがこの曲。
Brenda & Daniele Battaglia - Vorrei dirti che e facile
 
どれくらいのヒットかというと、デビュー曲の Per chi が最高60位で この曲は最高3位。
1972年でいえば、Nilsson の Without You が最高3位で、 Gens の Per chi が最高9位で、Johnny Dorelli の Per chi が最高19位。
 

★★★

[チェコ語] Miluška Voborníková - Až tě ráno píseň má probudí (1972)

Miluška Voborníková - Až tě ráno píseň má probudí (Day After Day)

Music: Peter William Ham
Czech text: Vladimir Poštulka
Recorded
: June 22, 1972 
Arrange: Ladislav Pikart
Chorus
: Šest Strýců
 
Miluška Voborníková / Miluška Voborníková 
1972/   LP   Supraphon:1 13 1299     Side:2-5. Až tě ráno píseň má probudí
Miluše Voborníková - Miluška Voborníková (1972)
Miluška Voborníková - Miluška Voborníková back
Miluška Voborníková - Miluška Voborníková r2
 
Miluška Voborníková / Prej v létě (písně z let 1970-1973) 
2012/07/31   eAlbum     7. Až tě ráno píseň má probudí
Miluše Voborníková - Prej v létě

 

★★★

[親子] Max Greger - Without You (1988) / Greger & Greger - Without You (1995)

Max Greger - Without You [Ham - Evans] 

Max Greger / Lovebird 
1988/   LP   Polydor:833 921-1     Side:2-3. Without You 
Max Greger - Lovebird 1988 LP r
Max Greger - Lovebird 1988 LP back
Max Greger & Orchester - Lovebird (1988)
 
Greger & Greger (Max Greger senior & junior) / Together Sax & Piano 
1995/   CD   Polydor:529 156-2     1. Without You 
Greger & Greger - Together Sax & Piano (1995)

 
 
親子といえば Pete の初孫が誕生したようです。
男の子らしいです。
 

★★

Gary Pickford-Hopkins & Friends - Why? (1986)

Gary Pickford-Hopkins & Friends
 
1986/11   12"   Spartan Records:12 SP 143 
    A. Why? (The Song)   B-1. Why? (The Song) (Version)   B-2. Why? (The Story) 
1986/11   7"   Spartan Records:SP 143     Why? (The Song) b/w Why? (The Story)
Gary Pickford & Friends - Why (1986)
Gary Pickford & Friends - Why (1986) back
Gary Pickford & Friends - Why (The Song) (1986)
Gary Pickford & Friends - Why (The Story) (1986)
 
Gary Pickford-Hopkins / GPH 
2003/   CD   Angel Air Records:SJPCD 138     Bonus Tracks:  12. Why (Extended single version)   13. Why (Narration)
Gary Pickford-Hopkins - GPH (2003)
 
Gary sadly passed away on 22 June 2013 after a battle with cancer.
 

 

★★★

Digby Richards / Whiskey Sundown (1978)

Digby Richards - Falling 
Digby Richards Mike Gibbins 1978
Mike Gibbins 他、Bonnie Tyler の It's a Heartache 時のbacking band が ここでも演奏しています。
Digby Richards - Whiskey Sundown (1978) back
1978/   LP   RCA:PL-25154     Whiskey Sundown 
Digby Richards - Whiskey Sundown (1978)
この人、売れないカントリー歌手だと思っていたら、全然違ったでござる。
1958年、Red Jeans というバンドが Dig をリードボーカリストとしてスカウト、その後メンバーチェンジを経て R'Jays と改名。62年にDig がソロになり、64年にはR'Jays から Rajahs へと変更。
 
オーストラリアではデビューから5年間ぐらいTV番組にレギュラー出演して、64-5年には子供のクイズ番組の司会もしていたらしい。
 
Dig Richards & The R'Jays - I Wanna Love You (1959)

デビュー曲は Kansas City。 当時15歳の弟 Doug Richards が作った I Wanna Love You は、そのB面。 Dig もまだ10代(1941年生)だった。
 
Digby Richards - A Little Piece of Peace (1971)

60年代後半は国内では売れなくなってきたので、新たなマーケットとして東南アジアにツアーしたり いろいろ苦労の後、1970年にイギリスに渡り 1年間滞在してアルバム用に曲を書きため、帰国。 そのアルバムからヒットが出る。
 
その後は年1枚のペースでアルバムを発表し、1978年の Whiskey Sundown は 最後から2枚めのアルバム。78-9年には Dolly Parton のサポートとして ヨーロッパ・ツアー。 が、1982年4月に膵臓癌と診断され 翌83年2月17日に死去。 41歳。  (生年月日が1940年9月12日と41年9月12日の2種類の資料あり)
Digby Richards Dolly Parton 1978 tour
Digby Richards ad 1978
 

★★★★
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!