Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

2013/08





Gary Pickford-Hopkins & Friends - Why? (Nov 1986)

Gary Pickford-Hopkins & Friends
 
1986/11   12"   Spartan Records:12 SP 143 
    A. Why? (The Song)   B-1. Why? (The Song) (Version)   B-2. Why? (The Story) 
1986/11   7"   Spartan Records:SP 143     Why? (The Song) b/w Why? (The Story)
Gary Pickford & Friends - Why (1986)
Gary Pickford & Friends - Why (1986) back
Gary Pickford & Friends - Why (The Song) (1986)
Gary Pickford & Friends - Why (The Story) (1986)
 
Gary Pickford-Hopkins / GPH 
2003/   CD   Angel Air Records:SJPCD 138     Bonus Tracks:  12. Why (Extended single version)   13. Why (Narration)
Gary Pickford-Hopkins - GPH (2003)
 
Gary sadly passed away on 22 June 2013 after a battle with cancer.
 

 

★★★

Digby Richards / Whiskey Sundown (1978)

Digby Richards - Falling 
Digby Richards Mike Gibbins 1978
Mike Gibbins 他、Bonnie Tyler の It's a Heartache 時のbacking band が ここでも演奏しています。
Digby Richards - Whiskey Sundown (1978) back
1978/   LP   RCA:PL-25154     Whiskey Sundown 
Digby Richards - Whiskey Sundown (1978)
この人、売れないカントリー歌手だと思っていたら、全然違ったでござる。
1958年、Red Jeans というバンドが Dig をリードボーカリストとしてスカウト、その後メンバーチェンジを経て R'Jays と改名。62年にDig がソロになり、64年にはR'Jays から Rajahs へと変更。
 
オーストラリアではデビューから5年間ぐらいTV番組にレギュラー出演して、64-5年には子供のクイズ番組の司会もしていたらしい。
 
Dig Richards & The R'Jays - I Wanna Love You (1959)

デビュー曲は Kansas City。 当時15歳の弟 Doug Richards が作った I Wanna Love You は、そのB面。 Dig もまだ10代(1941年生)だった。
 
Digby Richards - A Little Piece of Peace (1971)

60年代後半は国内では売れなくなってきたので、新たなマーケットとして東南アジアにツアーしたり いろいろ苦労の後、1970年にイギリスに渡り 1年間滞在してアルバム用に曲を書きため、帰国。 そのアルバムからヒットが出る。
 
その後は年1枚のペースでアルバムを発表し、1978年の Whiskey Sundown は 最後から2枚めのアルバム。78-9年には Dolly Parton のサポートとして ヨーロッパ・ツアー。 が、1982年4月に膵臓癌と診断され 翌83年2月17日に死去。 41歳。  (生年月日が1940年9月12日と41年9月12日の2種類の資料あり)
Digby Richards Dolly Parton 1978 tour
Digby Richards ad 1978
 

★★★★

Bonnie Tyler - It's a Heartache (Top of the Pops 1977-12-08)

Bonnie Tyler - It's a Heartache (Top of the Pops 1977-12-08) 
 
 
Mike Gibbins 
Mike Gibbins Bonnie Tyler  (Top of the Pops 1977-12-08)
 
 
 
 [Magazine] Bonnie Tyler / Record Mirror (Nov-Dec 1977) 

 

[Hong Kong] Carry On Till Tomorrow

もうBadfingerとか関係なく、Carry On Till Tomorrow の曲自体が生き残っている感じがする香港。教科書?にも採用されているみたいです。 香港版の特徴は、 Cary On Carry On Carry On と徐々に音が上がる Carry On が 誰でも無理なく歌えるようにちょっとアレンジされているところ。
 
Carry On Till Tomorrow (2013)

Carry On Till Tomorrow (2009) 合唱コンクール?

 
香港少年少女合唱団(仮称) - Carry On Till Tomorrow
St.Timothy's Primary School - Carry On Till Tomorrow (2008)
 
天使の歌声に導かれ、教会とか天国とか、そんな方向へ向います。
 
基督教互愛中心 http://m.wuoi.org.hk/download_list.php
 
主的愛 (The Love of God)

Tom Evans - Pete Ham / 劉豹 (第一節) 李嘉琦 黃應樑 鄭窩齊 (第二節)

願主的愛與你同在,無論你在何方,
願祂祝福你心靈安康,
主的愛如流水淙淙,願你分享祂這愛,
在那漫漫的黑夜見主光。
主的愛如流水淙淙,願你分享祂這愛,
以你愛,還祂愛,永相愛。

願主同在心靈輕省,更知主愛無量,
主的愛如活水甘霖充滿我。
願我天天跟隨神,定要盡心愛恩主,
仰望各各他山上主榮光。
願我天天跟隨神,定要盡心愛恩主,
愛慕祂,跟隨祂,永屬祂。
 
機械英訳
 
The Love of God
 
May God's love with you,
No matter where you are,
May He bless your heart health,
Lord's love is like water gurgling,
He would like to share with you this love,
In that long dark night see the main light.
Lord's love is like water gurgling,
He would like to share with you this love,
Take your love, but also his love, forever love.

May the Lord in the spiritual light with provinces,
But I know that the Lord loves immeasurable,
Love of the Lord filled me as running water showers.
Every day I would like to follow God,
Scheduled to conscientious love benefactor,
Looking Calvary glory of the Lord.
Every day I would like to follow God,
Scheduled to conscientious love benefactor,
Love Him and follow Him forever belong to Him.

 
 
 
 The Learning and Teaching of Poetry (2002) 

 

Sean Nelson - I'll Be The One (2013)

Sean Nelson - I'll Be The One (Tom Evans - Pete Ham - Joey Molland - Mike Gibbins) 

Sean Nelson / Make Good Choices 
2013/06/04   LP   Really Records:RR-007     Side:2-3. I'll Be The One 
Sean Nelson - Make Good Choices (2013)

全曲、聴けます。
 
Sean Nelson
“I’ll Be The One” I like because I was really obsessed with it for awhile.
I really like Badfinger, and they’re such a hard luck story. They had it all at once.
Then everything that happened to them was the saddest, worst thing ever.
They were normal guys, from what I could tell. They weren’t pretentious,
they weren’t artistic. Just big-time, rock band dudes.
 

★★

John Palumbo / Innocent Bystander (1978)

John Palumbo / Innocent Bystander (1978) 
     Piano, Acoustic guitar, Vocals:John Palumbo 
     Electric guitars:Lee Ritenour, Steve Beckmeyer 
     Bass:Dennis Bellfield, Reggie McBride 
     Drums:Harvey Mason, Alvin Taylor 
     Electric keyboards:Michel Colombier 
     Background Vocals:Badfinger (Joey Molland, Tommy Evans, Joe Tansin

1978/   LP   Lifesong Records:JZ 35503 
John Palumbo - Innocent Bystander (1978)
Lifesong レーベルの最初のバンド Crack The Sky のリーダー John Palumbo がソロ・アルバムを作りたいと申し出た時、レーベルはそんなに乗り気ではなかったけど、 Palumbo がプロデューサーを自分で見つけてくるならバックアップはします ということだったようです。  
それで、 Palumbo も後から考えればかなり無謀だったと言ってるけど そんなに深く考えずに、 George Martin にデモ・テープを送ってプロデュースを依頼してみたら、自分はできないから と Tom Jones や Gerry and The Pacemakers をプロデュースした Peter Sullivan を 紹介してくれたらしい。
 
John Palumbo - I Lean On You

John Palumbo - It's Okay To Die

John Palumbo - Dear, Dear

"I played a bit of piano and sang," he recalls, "most of it out of tune."  The result was Innocent Bystander, an album no one quite knew what to make of.  Lifesong marketed it as jazz. "I think it sold four copies," Palumbo says. 

確かに、現在見かけるLPはほとんど見本盤です。 
John Palumbo - Innocent Bystander (1978) r2
 
そして24年後 

John Palumbo - Day After Day [Pete Ham] 
 
Remembering Badfinger [Various Artists] 
2002/04/15   CD   Phantom Records:CD0001     4. Day After Day - John Palumbo 

Remembering Badfinger (2002)
 

★★★
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!