Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

2013年10月

3年6ヶ月経ったので、方針変換。 合いの手係を募集します。 やりたい人連絡して(2016/12/13) (2017/06/12終了)




Gary Charlson (1981) / 4 Sknns (Live1984) - No Matter What

Gary Charlson - No Matter What [Pete Ham]
Gary Charlson - Real Live Gary (1981) r2
Gary Charlson / Real Live Gary!  
1981/   12"   Titan:EP 8100     Side:2-1. No Matter What [Recorded Live In The Studio, July 30]
Gary Charlson - Real Live Gary (1981)
 
4 Sknns - No Matter What
 
4 Sknns - No Matter What (1984/01/17 Live)

4 Sknns (1983-91)
Gary Charlson (g) / Joe "Guido Toledo" Welsh (ex-The Artists) (g) / Richard Streeter (ex-The Artists) (b) / Pat Tomek (ex-Secrets*) (d -1986) / Randy Morrow (d 1986-)
 

★★★

The BNFL Band - Without You (1994)

The BNFL Band - Without You [Pete Ham - Tom Evans]
 
The BNFL Band / World Hits 2 
1994/   CD   Obrasso Records:842     15. Without You
2013/01/31   eCD   Obrasso Records:     15. Without You

The BNFL Band - World Hits 2 (1994)

1946年創設のBritish-style Brass Band。 アップル・レコードからシングル盤を出した Black Dyke Mills Band (1855年創設) と同じ形式のバンド。 1946年から88年まで Leyland Motors Band,  92年まで Leyland DAF Band,  97年まで BNFL Leyland Band,  2000年まで JJB Sports Leyland Band,  それ以降は Leyland Band  と、スポンサーの関係で名称が変遷している。
Leyland Band Nov 2012

 

★★★

Angel Pavement - Maybe Tomorrow (1969)

Angel Pavement - Maybe Tomorrow [Tom Evans]
Angel Pavement - Maybe Tomorrow (2003) back
Angel Pavement - Maybe Tomorrow (2003)
Angel Pavement / Maybe Tomorrow 
2003/03/10   LP   Tenth Planet:TP 057     Side:1-2. Maybe Tomorrow   [15 songs]
2005/02/21   CD   Wooden Hill:WHCD014     2. Maybe Tomorrow   [23 songs]
Angel Pavement - Maybe Tomorrow (2005)
元々は Wesley Hardin's Shotgun Package という名前の soul band だったが、メンバーは特にソウル・ミュージック好きということでもなかったので、1967年に中心メンバーの Clive ‘Alfie’ Shepherd 他2名に Graham Harris (元The Machine) 他1名を加えて harmony-based West Coast sounds with heavy Zombies/Hollies/Beatles influences なバンド、Angel Pavement として生まれ変わった。 しばらくして旧バンドからのボーカルリストが辞め、元The Machine のボーカルだった Paul Smith が参加。1968年にはDrumsも The Machine 解散後The Roll Movement に移っていた Mike "Candy" Candler に交代した。
 
この時点で、Wesley Hardin's Shotgun Package 時代から残っているのは Guitarの Shepherd だけ。元The Machine がBass,Drums,Vocalの3人。どちらでもない Rhythm Guitarの Dave Smith (2011年没)も1970年春に元The Roll Movement の John Cartwright に代わった。
Angel Pavement Oct 1969 ad
Maybe Tomorrow は1970年に計画されていたLP  Socialising に収録予定で、69年後半に録音されたが、Fontana からの2枚のsingle がラジオ局からも積極的にプッシュされたもののチャートインせず、Bell に移籍。3枚目のsingleとして予定された I’m Moving On も、作者の Shepherd とプロデューサーの Geoff Gill の間の意見の相違から Shepherd は契約更新のサイン直前で拒否。 30年以上経って初めて発売された。 CDには 問題となった I’m Moving On の両パターンや、1967年のデモが収録されている。

Angel Pavement 17
Angel Pavement - Maybe Tomorrow (1969)
 
オーストラリアでは1976年発売の Hits of the '70s というcompilation albumに Angel Pavement の Maybe Tomorrow が収録されていたとのこと。 この曲をカバーした理由は、ドラマーの妹が Iveys のシングルを持っており、これは Angel Pavement にピッタリな曲だと推薦されたから。ライブでもよく演奏したらしい。
 
バンド自体は新たなマネージャーと契約し、主にナイトクラブで演奏したが、1970年の大晦日のライブで解散。 Shepherd は69年末から進めていた The Wind In The Willows project [Kenneth Grahame の童話 たのしい川べ を題材にしたコンセプト・アルバム] を各社に持ち込むも発売までに至らず、その後も何曲かデモ録音したものの、結局、CD Maybe Tomorrow の3年後に同じWooden Hillから WHCD023 として初めて発売された[70-71年録音の10曲も収録]。
 
Alfie Shepherd - Spring Fever (1969)

The Roll Movement - I'm Out on My Own (1967)
 
Roll Movement は Cliff Wade のバンドで、彼は Jennifer という曲を Angel Pavement に提供している。後に Fickle Pickle で Geoff Gill (Angel Pavement のプロデューサー、元The Smoke) と共に活動し、それ以降もコンビで曲を作ったりレコードを出したりしている。
 

★★★★

No Matter What - Bass cover / Drum cover / Guitar cover

DjLcruze - No Matter What - Bass cover (2013)
 
Mike P - No Matter What - Bass cover (2010)
 
 
readyeddy101 - No Matter What - Drum cover (2011)
 
Ray Greenfield - No Matter What - Drum cover (2012)
 
 
Dan Sullivan - No Matter What - Guitar cover (2012)
 
 
 
Dan Sullivan - Why
 
Dan Sullivan
 

★★

Baby Blue - Drum cover / Bass cover / Guitar cover

readyeddy101 - Baby Blue - Drum cover (2011)
 
JCiechon221 - Baby Blue - Drum cover (2011) 
 

The Four Big Strings - Baby Blue - Bass cover (2013)
 

Buddy Clontz - Baby Blue - Guitar cover (2008)
 
 
LavaSmokeChile - Baby Blue (2013)
 
何回か連続で聴いていたら、なんかしらんけどいいんじゃないかと思ってきたのが
LavaSmokeChile
LavaSmokeChile
 

★★

Album review: BADFINGER - Badfinger, Wish You Were Here, In Concert at the BBC 1972-3

Edsel Records [Released date: 28.10.13]
 
The Second Disc: Beyond “Baby Blue”: Edsel Collects Badfinger Albums, BBC Sessions
Written by Joe Marchese
October 24, 2013
badfinger p
badfinger t
get ready to ROCK!: BADFINGER – Badfinger,Wish You Were Here,BBC In Concert
Review by David Randall
Posted on October 25, 2013
badfinger j
badfinger m
 


カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!