Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

2014/11





[Book] Deke Leonard / The Twang Dynasty (2012) : Peter Ham + Mike Gibbins

Deke Leonard / The Twang Dynasty (March 1, 2012)  Look inside 
Deke Leonard - The Twang Dynasty
Iveys と同郷のバンド Man の Deke Leonard (Badfinger のドキュメント番組などにもよく登場しており、Gary Pickford Hopkins and Friends - Why? (1986) にも参加していた) が、交友のあった50人以上のギタリストに関して書いた本。 Pete Ham も登場する。
 
よくある Pete や Badfinger に関する事実の羅列だけの本とは違って、Pete や Tom や Mike と実際に交わした会話が中心なので、貴重だと思う。そのかわり、チャートの正確な順位とか、時間の流れなどは記憶だけで書いている感じ。 が、そんなことは他の場所でいくらでも検索できるので無問題。 本に収録のものと全く同じなのかわからないけど、Pete の章は以下のサイト http://www.walesartsreview.org/the-twang-dynasty-peter-ham/ で読める。
 
The Twang Dynasty: Peter Ham   by  
Peter-Ham-Twang

作曲されたばかりのヘイ・ジュードとアイビーズ
完成したばかりのニルソンのウィズアウト・ユーとバッドフィンガー
トムとの最後の会話
ピートのエレピ   伝記本Without Youには、「好きなだけ使っていいと言われ、3年後に返した」と書いてある  
ピートと会った最後の様子
タグから聞いた ピートの最後
 
 
上の本とは無関係だけど、1973年の Deke Leonard のソロ・アルバム Iceberg で、1曲だけ Mike Gibbins がdrumsで参加しているのがこの曲。
Deke Leonard - Nothing Is Happening (1973)

Deke Leonard - Nothing is Happening
Deke Leonard - Iceberg
 

★★★★

King's Road - Day After Day (1972)

King's Road - Day After Day [Pete Ham]
Kings Road - SPC-3906 r1
 
Super Hits Volume 5
1972/   LP   Pickwick:SPC-3906     Side:1-2. Day After Day
Kings Road - SPC-3906
Kings Road back
1972/   LP   Marfer:M.30.166.S     Side:2-3. Day After Day  [Spain盤は Mother and Child Reunion と曲の位置が入れ替わった]
Kings Road - Marfer
 
1972/   8tr   Pickwick:P8-3906    Program:2-2. Day After Day
Kings Road - P8-3906
Kings Road - P8-3906 back
 

★★★

Sore Knuckle - Day After Day (1972?)

Sore Knuckle - Day After Day [P. Ham]
Sore Knuckle - Beg, Steal Or Borrow & Other World Hits back
 
[various artists]  Beg, Steal Or Borrow & Other World Hits
1972?   LP   Fontana(Germany):6434 111     Side:2-4. Day After Day - Sore Knuckle
Sore Knuckle - Beg, Steal Or Borrow & Other World Hits
Sweet の曲をカバーしているのが Sugar,   Mouth & MacNeal のカバーは Nose & Oliver, T. Rex は P. King, Seekers は Hunters, そして Badfinger は Sore Knuckle と、 いかにも制作者がまとめてつけたようなバンド名が並んでいます。 スタジオミュージシャンなのか? 収録曲や演奏者のいくつかが 24 Smash Hits International とかぶっています。
 
 
 
 24 Smash Hits International 

 

ペドロ&カプリシャス Pedro & Capricious - Day After Day (1972)

ペドロ&カプリシャス Pedro & Capricious - Day After Day [Pete Ham]
     vo. 前野曜子 Yoko Maeno (1948/01/25-1988/07/31)     [Arr.: 穂口雄右 Yusuke Hoguchi] 
     ペドロ梅村(per), ヘンリー広瀬(fl,sax), 佐渡岩男(b), 古城マサミ(g), 関森清(k). 鈴木ウータン正夫(d)
Pedro & Capricious 71

 
さようならの紅いバラ My Way Of Life - Pedro & Capricious II ペドロ&カプリシャス II
1972/06/25   LP   Atlantic:L-6054A     Side:2-6. Day After Day
Pedro & Capricious L-6054A
Pedro & Capricious L-6054A i
Pedro & Capricious L-6054A a
Pedro & Capricious L-6054A b
 
2011/09/21   CD   Greenwood:GRCL-6013     12. Day After Day   [+4 bonus]
Pedro & Capricious GRCL-6013 obi
 
Pedro & Capricious - Move Over (1971)

 
当時のメンバーの経歴をネット検索調査したら、
 
   古城マサミ郡正巳): 津々美洋とオールスターズ・ワゴン/ザ・キャッシュ・ボックス/アイ・ジョージ&ザ・ジャパニーズなどに所属。オールスターズ・ワゴンでは穂口雄右(Day After Day の編曲者で、高校の同級生)と一緒だったらしい。
有馬竜之介 - 土曜日に集まれ! (1969 演奏:津々美洋とオールスターズ・ワゴン)

 
   鈴木ウータン正夫: 古城マサミと同じく、アイ・ジョージ&ザ・ジャパニーズ に所属。 ザ・ジャパニーズの旧名は斎藤不二男とマスタッチ5(その前はマスタッチ7)。
 
   関森清(江見ヨシオ): ザ・フレッシュメン/イドルス/チコとビーグルス(2枚目以降1969-) などに所属。
アイドルス - まぼろしのシエラザード (1968)

アイドルス - 恋の伝説 (1969)


チコとビーグルス - 新宿マドモアゼル (1969)

 
   佐渡岩男: 三枝伸とデイ&ナイツ などに所属。 1974年にチコとビーグルスのチコ(硲千鶴子 1996年逝去) と結婚?
 
   ヘンリー広瀬: 1993年にペドロ&カプリシャス 二代目ボーカルだった 高橋真梨子 と結婚。
 

★★★

[Bootleg] Badfinger / Tommy's Last Stand (1983)

Badfinger / Tommy's Last Stand (1983)
Badfinger - Tommy's Last Stand (1983)

Recorded at The Rusty Nail
Sunderland, MA
September 23, 1983
Badfinger  Tommy's Last Stand back
Tony Kaye, Tom Evans, Bob Jackson, Glenn Sherba and Lenny Campanero 
bw-c Badfinger 1983

Lenny Campanero [
1984-85 Iron Butterfly] 
Born and raised in Los Angeles, Lenny Campanaro’s drumming can only be categorized as pushing/powerful and heavy…a cross between John Bonham and Tax legend Al Jackson. Lenny first toured at the ripe-old-age of 17 and since then as provided percussive excellence with the late Randy California of Spirit, Badfinger, as well as Iron Butterfly. A Warner Brothers recording project produced by Eddie Van Halen brought Lenny’s band out on the road for 45 dates opening for Van Halen’s OU812 Tour in various stadiums and arenas including a sold out date at New York’s Madison Square Garden.
 
Campanaro hails from L.A. where Eddie Van Halen produced two of his albums on the Warner label with a band called Private Life. He's toured with Eddie Money and now backs Joanne Taylor around town.
 
 
 
この録音の前日、同じマサチューセッツ州の ケンブリッジのJonathan Swift's Clubでもほぼ同様の2セットのショーがあり、それを見た人の感想。
 
この時のツアーは、まだセイ・ノー・モアのプロモーション中だった。トムと少しだけ話す機会があったが、特に精神的な不調のような感じは受けなかった。
 
ステージでの彼は陽気だった。観客はあまりいなかったが、その大半は熱心なファンだと思われた。最初のステージではこんなことがあった。トムが着ていたジャケットやベストを気に入ったらしい若者が、なんとかそれをせしめようと、しきりにトムに絡んでちょうだいちょうだい攻撃。あまりにうるさいのでトムはジャケットをその若者に与えた。観客も若者が邪魔なので、もうさっさと消えろ! と帰れコール。結局彼はクラブを立ち去った。
 
実際に見たり聴いたりしたこの時点での感想は、このラインナップでも将来的には成功もあるんじゃないかな というものだった。ただ、唯一の気がかりは、トムの大量飲酒で、それはこの日の2回のステージ、そしてその間の休憩時間も続いていた。
 
トムは2度目のセットの途中でステージから落下し、ボブが助け上げねばならなかったが、トムは天使のように歌い続けた。
 

★★★

[It's Over] Tom Evans (Badfinger) 1947-1983

一番好きなミュージシャンは Tom 。 一番好きなバンドは Badfinger 。
Tom wall
David Rotter - It's Over (2014)

Banda Quartzo - It's Over (2013)

posturex1 - It's Over (2012)

CaptainSlow1992 - It's Over (2011)

Kevin Camp - It's Over (2008)

Brad Jones - It's Over (1996)

TomEvans
Badfinger - It's Over (1971)

 

★★★
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!