Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

Rain






[Book] The Walker Brothers: No Regrets - Our Story (2009)

The Walker Brothers: No Regrets - Our Story (September 7, 2009) 
     by John Walker, Gary Walker 
The Walker Brothers No Regrets - Our Story


 
 
 
The Impossible Dream: The story of Scott Walker and the Walker Brothers  (August 1, 2009) 
     by Anthony Reynolds 
The Impossible Dream The story of Scott and the Walker Brothers

https://www.amazon.co.jp/The-Impossible-Dream-The-Story-of-Scott-Walker-and-the-Walker-Brothers/dp/1906002258/
p220、201 
 

★★★

[Book] Shindig! Annual Number Two (2009)

Shindig! Annual Number Two (November 20, 2009) 
Volcano Publishing, U.S.A. 
Hardcover  112 pages 
Shindig! annual 2 cover
Shindig! Annual No.2 gathers the cream of Shindig! Magazine's collectable out-of-print back issues. 
Shindig! annual 2 back
 
GARY WALKER & THE RAIN
What Is The View Like From The 13th Floor?: From The Walker Brothers to UK psychedelia. 
Shindig! annual 2 Rain
 


[Magazine] Shindig! #2 (Jan/Feb 2008)

Shindig! #2 (Jan/Feb 2008) 
Shindig! #2 JanFeb 2008
 
Gary Walker & The Rain 
Lysergic guitar pop, big in Japan, former Brother rocks!  by Stefan Granados 
Shindig! #2 JanFeb 2008 r4
 Shindig! #2 JanFeb 2008 r43
Shindig! #2 JanFeb 2008 r47
 

★★

[Acetate] Gary Walker & The Rain

Gary Walker & The Rain / 12'' Acetate (1-sided) 1969 
Gary Walker & The Rain 12'' Acetate a
DESCRIPTION:  GARY WALKER & THE RAIN - 12" ACETATE, 1-sided, 1969, USA (I don't think this album was released in USA, so perhaps this is a record company experiment ? ). Even though it has a label that shows " TEST PRESSING", this is a true metal acetate, shown by the shiny metal at the spindle hole, and also, firm, unbending vinyl, does not bend like a regular plastic record. PLEASE SEE PICTURES FOR SONGS. 
Gary Walker & The Rain 12'' Acetate b
 
Gary Walker & The Rain / Album No 1 
1968/   LP   Philips(Japan):SFX-7133 
Rain - Album 1968 r1
発売済の日本盤とは曲順が違う 
 
 
Gary Walker & The Rain - 10'' Acetate 1969 
Gary Walker & The Rain 10'' Acetate a
Gary Walker & The Rain 10'' Acetate b
DESCRIPTION:  GARY WALKER AND THE RAIN- 10" ACETATE, 1969, 45rpm, UK. 
 
 
[biography] Joey Molland / Gary Walker & the Rain (1968) 
Gary Walker & the Rain 
Album No 1 
詰め合わせ 

[Rain] John Lawson を調べてみた

Gary Walker & the Rain の bass だった John Lawson についてちょっと検索してみた。

Buddy Britten & The Regents (1964)
   1964年の夏から秋にここで bass を弾いていたらしい。この時一緒にいた Carlo Little (d) とは後に再び一緒になる。
   Buddy Britten & The Regents were a Merseybeat group. Like Screaming Lord Sutch's Savages his groups were a real breeding ground for many great young musicians. From 1962 to 1966, Buddy and his various backing bands released ten singles but none of them made a mark in Britain.
 
Chris Lamb & The Universals (1965-66)
   1965年暮から66年前半に所属。
   Chris Lamb & The Universals were a 7-piece Showband fronted by trumpeter Chris Lamb, playing US bases and Irish clubs around Kilburn from 1963 to 1968.
   Bill Parkinson: "After I left P.J.Proby I auditioned with 30 other guitarists and got the with job with top Irish show band Chris Lamb and The Universals, this was a very good tight band with excellent musicians, On drums was Carlo Little, ex Rolling Stones, on vocals and Trombone was Brian Keith lead singer with Plastic Penny, on keyboards was Paul Raymond who played with many bands and on Bass, John Lawson. The sax player was Mort Sullivan, the leader Chris Lamb played trumpet, We played everything from the top 20 to themes like Laurence of Arabia and Tijuana Brass, and of course an array of Irish music."
 
Screaming Lord Sutch & The Savages (1966)
   1966年後半は The Universals がそのまま Screaming Lord Sutch のbacking band、The Savages としても掛け持ちで活動。 更にその合間を縫って The Circles 名義でシングルを発売。
The Circles 1966 r1
The Circles   Brian Keith (v), Bill Parkinson (g), Carlo Little (d), John Lawson (b), Paul Raymond (p)
1966/   7”   Island:WI-279   Take Your Time b/w Don't You Love Me No More [Produced by Chris Blackwell]

Bill Parkinson:
   I played the guitar and sang the backing vocals on this record. Brian Keith was the singer, he was the singer with the Ivy League and the Flower Pot Men. I wrote B side "Don't you love me no more" with Brian which I prefer (but then I would!). Carlo Little (who was the original Stones drummer) was on drums,  John Lawson on Bass and Paul Raymond of Chicken Shack on piano.  We were all originally with Screaming Lord Sutch  - those were the days!!
The Circles 1966 r2
2008/08/04   CD   Psychic Circle:PCCD 7023   Breaking Point (20 Hard Edged Beat Diamonds) [various artists]   11.Take Your Time - The Circles
Breaking Point 2008
Breaking Point 2008 back
 
The Savages の写真を見ていたら、なんとなく John Lawson っぽい人が写っていたんだけど、まったくの別人かも。
Savages
 
Gary Walker & John Lawson (2007)

 
Rain 解散後は Joey と一緒にバンドに加わった? 予定だった? みたいで、その後は Tumbleweed というC&Wのバンドにいたらしいが、詳細不明。 その前後に確実に在籍していたのが Lace (ほぼ同時期に同じイギリスに同名バンドがあって紛らわしい)。
 
Lace - I'm a Gambler (1969)

1969年4月発売のシングルで、Honeybus の Pete Dello 作詞作曲プロデュース。 
Pete Dello - I'm a Gambler
 
Race
Roni Douglas (v,g),
Lloyd Courtenay (d),
Tony Sinclair (g),
John Lawson (b),
Lace 1969
 

★★★

Gary Walker & the Rain 詰め合わせ

Gary Walker & the Rain 詰め合わせ
 
1968/02   7"   Polydor:56237   Spooky b/w I Can't Stand to Lose You
gwr1 Austria
gwr1r2 Polydor
1968/04   7"   Philips:SFL-1150   Spooky b/w I Can't Stand to Lose You
gwr1
ついに出た Gary Walker 独立後の初のソロ・ナンバー。ニュー・グループ、 The Rain を率いての華々しいデビューです。1967年5月3日、Walkers 解散後、Scott は Scott/スコット, Scott2/スコット2 の2枚のアルバムと Jackie/ジャッキー を放ち、John も Annabella/アナベラ と If I Promise/あしたの誓い そして If You Go Away/イフ・ユー・ゴー・アウェイ  のアルバムを発表して大活躍。 Gary だけがレコーディングの噂がなく、ファンを心配させていました。しかし、以前の録音の You Don't Love Me/夜明けに恋はない と Twinkie-Lee/トゥインキー・リー が大ヒット。今年のはじめの来日公演でも非常に元気な姿をみせて、健在ぶりを示しました。
 
Gary は1967年の夏から秋にかけて自分のグループ The Rain を結成。新曲発表のチャンスをうかがっていました。彼は The Rain を称して 「イカシてる。最高! すごく楽しいし、新鮮さのあふれたグループです」 と語っています。そして、いよいよ新曲の発表。彼らの今後の活躍が期待されます。          北山幹雄

 
1968/08/10   7"   Philips:SFL-1174   The View b/w Thoughts of an Old Man
gwr2
Walkers が解散してしばらく経ってから、John も Scott もそれぞれソロとして新たにデビューしレコードも出したのに、Gary だけは何の音沙汰もなく、ファンを心配させていました。ところが Gary はその頃、Beatles ばりのグループを作るためにメンバーを吟味していたのです。昨年の10月に、選ばれたメンバーによるグループができあがり、Rain と名付けられました。 Rain 雨 という名は Gary が付けたのですが、彼は、雨はすべてのものを流してくれるので好きだから、心機一転のつもりで付けたと言っています。
 
第一弾の Spooky/スプーキー は、グループのカラーに合わず、彼ら自身も乗らなかったと後で述べていましたが、今度ついた新曲は、まさに半年をかけて作られた Rain の真髄と言えましょう。ニュー・ミュージックのエッセンスと、Rain の個性を巧みに活かしたこの2曲は、音楽的にも素晴らしいものです。グッと進歩した Rain のミュージシャンとしての意識が、この曲に集結されているようです。両曲とも、作詞作曲は Gary Walker と Joey Molland です。          星加ルミ子

Gary Walker (drums) 1944/03/09生(前作に引き続いて44年と書いてあるけど、当時の公称なのかな? 今では1942年生まれになってる) Glendale, California 出身
   大の日本びいきで最近ではひとりで2月に来日している。

Joey Molland (lead guitar) 1942/06/21生(と書いてある。こちらは公称じゃなくて単なる誤植。実際は1947年) Liverpool 出身
   目の大きな、Paul McCartney によく似たルックスで人気を集めている。
 
Paul Crane (vocal/guitar) 1947/07/30生 Liverpool 出身
   Spooky/スプーキー をはじめ、ほとんど彼のソロ。子供っぽい楽しい少年で、目の細いのをちょっと気にしている。
 
John Lawson (bass) 1945/09/25生 London出身
   のっぽでキリリとした男性的なところがベーシストとしてぴったり。時にはボーカルも担当する。
gary-walker-and-the-rain-the-view-1968
gwr2r2
 
1969/01   7"   Philips:SFL-1190   Magazine Woman b/w Take a Look
gwr3
Scott, John より一足出遅れたとはいえ、Gary は Rain という4人組のグループを作り、目下一番活躍しています。 Rain のデビュー曲は Spooky/スプーキー、その後来日して人気を盛り上げ、グループ全員で書き上げた The View/孤独の影 を発表しました。そしてこの新曲 Magazine Woman/マガジン・ウーマン は3枚目になるわけです。
 
Gary Leeds、もはや Walker の名前を返上して、生まれ変わったつもりで一からやり直すと来日の際語っていましたが、他のメンバーもこうした Gary の心意気に友情と信頼をよせ、Rain を素晴らしいグループにするため努力しています。 「僕のことをみんなは Leeds と呼ぶ。それはもう Walker 時代の栄光と名声を必要としないということだ。僕らの目標は Beatles 。彼らのように後世に残るヒット・ソングを作り、歌うことだ。Rain は人気だけではなく、実力のあるグループにならなければいけない」 かつて来日した時とはうって変わったこの Gary の頼もしい希望にあふれた態度は、まぎれもなく、6月来日のステージに見受けられました。
 
Rain は来日前に11曲を作詞作曲し、レコーディングしていました。 The View/孤独の影 と、この Magazine Woman/マガジン・ウーマン もその中の2曲です。そして、来日の時のステージでじかに感じたファンの反応でMagazine Woman/マガジン・ウーマン をイギリスより早く日本で発売してくれるよう Philips に Rain から依頼がありました。
 
日本を第二の故郷と思い、いつでも来日したいと語っているリード・ボーカルの Paul Crane は 「僕は家族と離れて旅行したのは今度が初めてで、来る前はホームシックにかかって3日と持たないのではないかと思っていたけど、日本のファンの素晴らしい歓待で、すっかりここに住みたくなった」 と来日の際語っていました。
 
今年の11月に、二度目のイギリス・コンサート・ツアーに出かけた Rain たち。 イギリス中でも、もうすぐ素晴らしい人気を獲得することでしょう。 ベースの John Lawson、リード・ギターの Joey Molland ともども来年には再度来日するということです。そのためにも、この曲が大ヒットすることを祈りましょう。          星加ルミ子

gwr3r1
gwr3r2
 
1969/   EP   Philips:SFL-3243   1.Magazine Woman   2.Take A Look b/w 1.The View   2.Spooky
gwrep
 
1969/01   7"   Philips:BF 1740   Come in You'll Get Pneumonia b/w Francis
gwr4r1
gwr4r2
gwr4r2 Australia
 
Shindig! issue No.2 Jan-Feb 2008
 

★★★
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!