1977年のビクター音楽産業による Tom Evans 行方不明事件の最中、本物のTom はといえば、The Dodgers を辞める前後ですね。
 
The Dodgers - I Just Wanna Love You (1976)

The Dodgers - Down (1976)
 
 
BBC In Concert, August 16, 1976
The Dodgers - 24 Reasons [Tom Evans] 
 
Dodgers の中心メンバーの John Wilson が1995年のソロアルバムで Dodgers 時代にも演奏した Tom の 24 Reasons を元にしたと思われる同名曲を発表しています。

 
John Wilson - 24 Reasons [Tom Evans - John Wilson] 
1995/            CD     Tell Me Something New
2003/03/18   CD     River Of Love
John Wilson - Tell Me Something New (1995)
John Wilson - River Of Love (2003)
 
John Wilson - 24 Reasons + We All Wanna Be In Love

この2006年7月のライブの模様は、 A Night With John Wilson として、John Wilson のサイトで DVD発売されています。 撮影で Paul Hooper が関わっているみたいで、 彼がYouTubeにupしています。全部見れるのかも。
 
Paul Hooper (Creative Cam Co.)
Professional drummer for 40 years plus...bands I have been in include
'Indian Summer', 'The Dodgers' and for the best part of three decades
'The Fortunes'. Currently playing with reformed 'Prelude' 
I set up a video production company Creative Cam Co
for the main purpose of making promo clips for performing artists .
 
Indian Summer, The Dodgers, The Fortunes と、ずっと Bob Jackson と一緒にやっていたdrummerですね。
 
John Wilson は 1997年から Upbeat Beatles という Beatles tribute band もやっていて、Paul McCartney 役兼バンドマネージャー 。

John Wilson - We All Wanna Be In Love
 
 

★★★