Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

Natural Gas

3年6ヶ月経ったので、方針変換。 合いの手係を募集します。 やりたい人連絡して(2016/12/13) (2017/06/12終了)




[Bootleg] Natural Gas / Live from the Vault (Aug 17, 1976)

Natural Gas / Live from the Vault 
Live at Cobo Arena, Detroit, MI (August 17, 1976) - opening for Yes 
Natural Gas - Live from the Vault
Natural Gas - Live from the Vault back
 

 
1. I've Been Waitin' [Joey Molland] 
2. Little Darlin' [Joey & Kathie Molland] 
3. Dark Cloud [Joey Molland] 
4. You Can Do It [Peter Wood & Mark Clarke] 
5. Miracle Mile [Mark Clarke] 
6. St. Louis Blues [Mark Clarke] 
7. The Right Time [Mark Clarke] 
 
 
同じ日の Yes のLive 
https://www.youtube.com/watch?v=Iu2TJAchJiU
http://www.setlist.fm/setlist/yes/1976/cobo-arena-detroit-mi-4bd22bb2.html
 
 
★★

[Can Badge Maker] Natural Gas

Natural Gas - Joey Molland, Mark Clarke, Jerry Shirley, Peter Wood 
 
badge 031-34 Natural Gas
 
 
[twitter
 


[Natural Gas の半分] Magnet / Worldwide Attraction (1979)

Magnet / Worldwide Attraction (1979)
   Drums - Jerry Shirley [ex-Natural Gas]
   Keyboards - Peter Wood [ex-Natural Gas]   (April 9, 1950 - December 1993)
   Guitars, Vocals - Les Nichol [ex-Natural Gas]
     (Joey Molland has departed Natural Gas to re-form Badfinger.  Les Nichol replaces him)
   Bass, Vocals - Michael Neville [ex-N. Y. Central]
   Vocals - Bob James [ex-Montrose]
Magnet promo
Magnet 1979
1979/   LP   A&M:SP-4740     Worldwide Attraction
Magnet 1979 back
曲作りとボーカルでは Natural Gas の主力ではなかった Peter Wood と Jerry Shirley が新たに作ったグループ。おいおい、大丈夫かよ と思ったが、大丈夫。 今回もボーカルでは全然主力ではないが、10曲中6曲の作者に Peter Wood の名がある。
Magnet 1979 b
Golden Arm [Peter Wood]
Hold On [Les Nichol - Peter Wood]
Magnet 1979 r

Magnet 1979 promo
Michael Neville が N. Y. Central 時代に作った Underneath The Moonlight を再録音している。
 Central - Underneath The Moonlight (1973)
 
Bob James - Diamond in the Rough (2013)

 
Les Nichol は Les Nicol とか Les Nicholl と表記されていることもあって、はっきりしなかったんだけど、1960年代末期に Methuselah のメンバーでした。 Methuselah は解散後に 2つのグループになり、ひとつは John Gladwin と Terry Wincott の Amazing Blondel 、もうひとつが Les Nichol と Craig Austin の Distant Jim 。 その後は Coast Road Drive とか Leo Sayer に曲を書いたりしているようです。
 
 
Norwegian singer-songwriter の Even Johansen が Magnet という名前で2005年に発表した Hold On という同名曲もあって紛らわしい。
Magnet (Even Johansen) - Hold On [Even Johansen 2005]

 

Natural Gas

Natural Gas - I've Been Waitin' [Joey Molland] + Little Darlin' [Joey & Kathy Molland]

Natural Gas FM 1976
 
 
英米で今話題を集めているグループを総点検    東郷かおる子 
 
ところで最近イギリスの人がアメリカで受け、アメリカの人がイギリスで受けるなんて現象があるが、さしづめナチュラル・ガスなんてのは前者の例ですな。元ハンブル・パイ、元バッドフィンガーなんて人達がゾローッと集まって出来上がったバンドで、デビュー・アルバムを、フェリックス・パッパラルディーがプロデュースしている。形としては丁度バッド・カンパニーのデビュー当時風で、さほど派手なこともやらず、地道に堅実に音を創り上げている所は好感が持てる。このハード・ロック全盛時代に、ウロチョロとハード・ロックをやっていない所が又いいヨ。アメリカではセールス面で、あと一歩伸び悩んでいるらしいが、体制をととのえて次作で勝負に出るにちがいない。
ML1976
 
 
Mark Clarke Interview 1997
 
You did the NATURAL GAS album with Jerry Shirley and a few others. That was a bit of lighter than previous stuff.
Mark Clarke: Yes, it was totally left field, really. It was something I wanted to do. 
 
Who instigated the whole project, was it yours ?
Mark Clarke: Yes, it was my project originally.
Joey Molland (the guy from Badfinger ) and I had been friends for years. I was planning to do a solo album, and Joey suggested that he was, so we said "let's get together!", and we did. 
Natural Gas
Joey Molland
 
 "We were just talking and having a laugh and I asked him, 'What are you doing?' He said, 'I’m going up to Jerry Shirley’s this weekend. I’m going to stay there and we’ll probably have a jam – why don’t you come with us.' I didn’t really know Jerry, but I thought it would be cool. So Mark calls him and Jerry says. 'Come on up.' We go on up to Jerry Shirley’s house. "  "We had a lot of fun, just playing rock ‘n’ roll songs and blues songs. The next morning Mark, Jerry and myself decided to put a band together.  "

 "We also got a keyboardist, a guy named Dave Kafinetti from the band Rare Bird. He went on to be the keyboard player in 'Spinal Tap'. What a knockout guy!" Kafinetti was replaced before the recording of the album by Peter Wood who co-wrote 'Year of the Cat' with Al Stewart." 
 
 "Felix was really nice, a real sociable guy and talented fellow. As far as a producer went, we really wanted Mal Evans to do it. But the label wanted Felix Papalardi, the bass player from Mountain who’d done Cream and all that – the label wanted him to do it. Apparently Felix wanted to do the project as well, so that was that. I think Mal was pretty disappointed actually." 
 
Natural Gas - The Right Time [Mark Clarke]

Natural Gas single
Natural Gas - PVT-11235
 
1976/05/29   LP   Private Stock:PS 2011/PVLP 1007/EMS-80545   Natural Gas

Natural Gas (1976) obi
Natural Gas EP
Natural Gas - You Can Do It [Peter Wood - Mark Clarke]

Natural Gas EP r2
Natural Gas EP back
Natural Gas - Once Again, A Love Song [Joey Molland]

Natural Gas single 2
 
2009/06/16   CD   Renaissance:RNS801732   Natural Gas   [+3 Bonus Tracks]
Natural Gas (Renaissance 2009)
 
2010/11/16   CD   ItsAboutMusic:   Natural Gas   [2010 remastered]
Natural Gas (ItsAboutMusic 2010)
2010/11/18   CD   Air Mail:AIRAC-1602   Natural Gas   [2010 remastered]
Natural Gas (Air Mail 2010)
Natural Gas (Air Mail 2010) back
同時発売の Natural Gas『ナチュラル・ガス』とKelly Groucutt『ケリー』、初回限定同時購入で 8センチシングルCD「ライトタイム(ナチュラルガス)」(非売品) プレゼントの特典あり
Natural Gas singleCD
Natural Gas set
 
2011/05/05   CD   MVD(Holland):261   Natural Gas   [2010 remastered]
Natural Gas (MVD 2011)
In 1975, you formed Natural Gas. Why this band lasted for so short time? 

We came to America and went on tour and unfortunately for all of us, we got involved in some drugs and I think that was the main factor. That’s the reason we got out of control and the band broke up about a year and a half later. It had nothing to do with the personalities in the band, I really put that all down to the drugs. 

 
Dan Matovina:   Without You
After the tour (during July, August, and September, 1976), Shirley, Clarke, and Wood found apartments in New York City. They were quite content to situate there, but Joey wanted to stay in Los Angeles. The band broke up.
 
Billboard   (Jan. 8, 1977)
Joey Molland has departed Natural Gas to re-form Badfinger.  Les Nichol, who played with Leo Sayer, replaces him.
Billboard 1977年1月8日 P64
 
 
gettyimages に Natural Gas の画像あり
 
 
Magnet / Worldwide Attraction (1979)
   Drums - Jerry Shirley [ex-Natural Gas]
   Keyboards - Peter Wood [ex-Natural Gas]
   Guitars, Vocals - Les Nichol [ex-Natural Gas]
   Bass, Vocals - Michael Neville [ex-N. Y. Central]
   Vocals - Bob James [ex-Montrose]
 

[Magazine] 音楽専科 (1976年8月号) / Natural Gas インタビュー

Natural Gas
 
Ongaku Senka 1976-08 (538)
今、西海岸を中心に、多くの注目を集めているのが、ナチュラル・ガスだ。日本では7月にデビュー盤がリリースされるがその香り高いサウンドは、新たなるシーンの誕生をも思わせる。そこで本誌では、この話題のグループに緊急インタビューを試みた(メンバーの横顔は別項参照)。 
 
Q. ピーター、ナチュラル・ガスというグループ名は誰のアイデアだろう。スター性十分のいい名前だね。
Peter Wood: そうかい。ボクも気に入ってるんだ。覚えやすく印象に残るバンド名だろ。これは発案者のジェリーに聞くのが一番さ。
Jerry Shirley: まず3つの条件を作ってみたんだ。あんまり作為的なものじゃなく、オーバーすぎず、それでいて誰もが興味をつないでくれる面白いものであること。 名前負けになるんじゃみっともないからね。(笑) ある晩キッチンにいる時ふっと考えついたものさ。音楽の楽しさを自然にこの身体から発散させよう、という意味を持っている。どう、ちょっと古くさいかな?
Q. そんなことないよ。君たちのロックにマッチしてると思う。 じゃ次の質問に移ろう。これは日本以外でもそうだろうけど君たちはスーパー・グループとして大きな期待を担ってるわけでしょう。スーパー・グループと呼ばれることに抵抗感はやっぱりあるのかな?
 
★過去の栄光を乗りこえて
Mark Clarke: 難しいところだ。ボクら全員在籍してたユーライア・ヒープ、バッドフィンガー、ハンブル・パイなどのバンドよりもっと大きな集団を作り上げようというところからスタートしてるんだ。これまで以上にハードな仕事になるだろうこともみんな気がついてるしね。ただ スーパー・グループ として騒ぎたてることは、直接ボクらとは関係のない次元での話だと思ってる。
Q. ロック・ファンが心配してるのは、これまでスーパー・グループは長続きしなかった例が圧倒的に多いことなんだけど。
Mark: セッション的な感じでバンド組むとどうしてもそうなるケースは多いね。
Q. でも君たちはデビュー・アルバムで聞く限り協調性を第一に考えるようだね。
Mark: メンバー間の結びつきもあのサウンドに表われた通りさ。互いのパワーをガンガンぶつけ合うのがこれまでのスーパー・グループだとしたら、ボクらはスーパー・グループとは呼べないよ。警戒心なんてまるで必要ないし。
Q: そこが不思議だね。メンバーそれぞれのエゴはどういう風に解消してるのかな?
Peter: キミはミュージシャンは全て自己顕示欲のかたまりだと考えるのかい。そういう人間もいるのは、ボクらの長いキャリアの中でも何人か知ってるよ。そうでなきゃ自分の力を出せない人間はいるもんだ。ボクら自己中心的な奴とはバンド組まないことにしたんだ。もっと普通の人間として見てほしいね。みんなのやりたい事をごく普通にやっていけばいいんだよ。そんなところでつっぱらなくてもボクらは力が出せるから。 
Ongaku Senka 1976-08
★協調路線を強調
Q: じゃ今度はジョセフに聞いてみよう。バッドフィンガーでの長いキャリアの中で一番の収穫は何だと思う?
Joey Molland: そりゃ簡単さ。キャリアの積み重ねの中で今のバンドが出来上がったってことが一番。ぼくにとってバッドフィンガーというバンドは学校みたいなもの。ナチュラル・ガスが出来上るまで5年間いい勉強させてもらったということさ。その学校も今は卒業だね。(笑)
Q: ジェリーはどう思う?
Jerry: ジョイの言い方は少々きついな。ピーター・フランプトン、スティーヴ・マリオットらと友人になれたことはよかったと思う。 それと、ぼくたちのバンドで言っておきたいことは、メンバーが誰も俺が! という飛び抜けた考えを持っていないこと。その点ハンブル・パイ時代になかったものなんだ。
Natural Gas 1976-08 Ongaku Senka 2
★クリエイション知ってる?
Q: ビルボード誌はキミたちの音楽を Good Basic Rock と言ったけど、キミたち自身はどう言うのかな? これはピートに聞こう。
Peter: Good Basic Rock とはうまく言ってくれたと思う。ビルボードは俺たちをわかってくれてるんだね。グッド・メロディック・ロックンロール そんな言い方も出来るんじゃないかな。メロディーも重要視してるからね。
Q: デビュー・アルバムでは特にA面の出来が良いように思うけど、ピートはどの曲をベスト・トラックだと思う?
Peter: A面と言うのは正解だ。あたってるよ、ホント。(笑) バラードで出来がいいと思ってるのは「愛の歌をもう一度」というA面2曲目のやつね。ロックンロールでは「ユー・キャン・ドゥー・イット」というA面3曲目が自信作。キミはどうかな?
Q: 難しい質問だよ。こまったね(笑)。言えることはメロディーがどれも新鮮だということ。
Peter: うん。そのためにもボクらはヴォーカル・パートを大切にしてるんだ。
Q: ところでプロデューサーはフェリックス・パパラルディーでしょう。以前からの知りあいなの?
Mark: プライベート・ストックの社長ラリー・ユータル氏とパパラルディーは友人なんだ。それとボクらと彼もまんざら知らない仲でもなかったからね。
 
続きは、以下の画像2枚で 
Ongaku Senka 1976-08 b
Ongaku Senka 1976-08 c
 
Natural Gas が Natural Gus になっててちょっと恥ずかしい。 このインタビューでは Mark Clarke が半分以上の12回も話してる。Jerry Shirley の4回、Peter Wood の5回はいいとして、Joey が1回喋っただけって、ちょっとバランス悪くない?
Natural Gas 1976-08 Ongaku Senka
 
これも Natural Gus みたい。
Natural Gas gUs
Toshiba 1976 ad
 

カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!