Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

Maybe Tomorrow

3年6ヶ月経ったので、方針変換。 合いの手係を募集します。 やりたい人連絡して(2016/12/13) (2017/06/12終了)




The Sunshine Orchestra - Maybe Tomorrow (2015)

The Sunshine Orchestra - Maybe Tomorrow 
 
[various artists]  Baladas y Boleros (Volumen 4) 
2015/03/31   mp3   Tabaiba Records:     3. Maybe Tomorrow - The Sunshine Orchestra 

 
[various artists]  Soft Rock Classics and New Songs 
2016/03/01   mp3   Tabaiba Records:     7. Maybe Tomorrow - The Sunshine Orchestra 

 

Goudmijn (radio 5) + Effe Ekdom

Goudmijn (radio 5) March 5, 2017 
 http://www.npo.nl/goudmijn/05-03-2017/RBX_KRO_7424675/RBX_KRO_7769565 
In Badfinger komt de geschiedenis van alle muziek samen. Zegt Mark. En nav de onlangs op televisie getoonde documentaire: They sold a million, wil Mark graag Badfinger op de radio laten horen. 
 
 
Effe Ekdom  February 6, 2013 
 http://www.npo.nl/effe-ekdom/06-02-2013/POMS_AVRO_263043/POMS_AVRO_298409 
Dokter Pop: Martien en Leonoor zochten naar 'Apple Of My Eye' van Badfinger 
 

★★

Mark & Tommy - Maybe Tomorrow (1983)

Mark & Tommy - Maybe Tomorrow 
Mark & Tommy 1983

 
マーク&トミー - GARO解散後初めての二人ライブ - 1983/7/2 江古田マーキー 


マーク from GARO   http://musicshelf.jp/pickup/id1129/ 
 
松崎しげる(マツ)は大学時代に、のちにガロを結成するふたり(日高富明=TOMMY と 堀内護=マーク)とともに、ミルクというバンドを結成。 
当時を振り返ったマークの書き込み http://markpage.blog40.fc2.com/blog-entry-184.html
 
以前のブログにも書きましたが、マークの家でTOMMYやマツとよく演奏していた頃。
マークは歌が上手くなりたくて、自宅のアンプにマイクをつないで練習していました。

好んで歌ったのがウォーカーブラザース。
ところが、このウォーカーブラザースの歌は音域が結構低いんです。

伸び悩んでいたときに、TOMMYが こんな曲があるよ と「MAYBE TOMORROW」を教えてくれました。
それから一年くらいだったかな?その曲に魅せられたマークは一生懸命練習して、ある日何の打ち合わせも無くTOMMYの歌にマークが上のパートのハーモニーを付けて歌ったのですが、TOMMYの顔が輝いて
「マーク、すごいじゃないか!」
そう、お互いにとっても嬉しかったんです。

 

★★

Tancredi Spinozzi Maurizio - Maybe Tomorrow / Midnight Caller / Apple of My Eye

Tancredi Spinozzi Maurizio - Maybe Tomorrow (2012) 
 
Tancredi Spinozzi Maurizio - Midnight Caller (2015) 
 
Tancredi Spinozzi Maurizio - Apple of My Eye (2015) 
  
 

★★★

The Iveys - Maybe Tomorrow (Pocket Disc)

The Iveys
Apple/Americom:M-301     Maybe Tomorrow [Tom] b/w And Her Daddy's A Millionaire [Tom & Pete]
Iveys Pocket Disc
The Iveys M-301b
 
Pocket Disc
33 1/3 RPM   3.75 inches flexi   約9.5cm
収録時間3分半程度 (Beatles の Hey Jude は 3:25, Mary Hopkin の Those Were the Days は3:36に編集)
The Beatles - Hey Jude (Pocket Disc 3.25 edit)

49 cents plus tax (or in the vender, 50 cents including tax)
pocket disc cover
 
Vending Machines
いろいろ改良されたみたいだけど、電気は一切使われてない。
23 inches wide x 10 inches high x 9 inches deep   contains 5 selections in a total quantity of 250 records (多くの店は4台並べて20種類を販売) とか
26 inches wide x 18 inches high x 8 inches deep   contains 10 selections in a total quantity of 600 records (この後、750枚収納になったみたい)
カウンターで店員が直接販売用のタイプもあって、それは25種類のレコードを収納できたらしい。
pocket disc vending machine
 

★★

松崎しげる - Without You (1972) / ガロ - Maybe Tomorrow (1983)

松崎しげる Shigeru Matsuzaki - Without You [P. Ham - M. Evans
     ビクター系のお約束で、ピートとマル・エバンスの共作にされています。 [編曲:葵まさひこ] 
 
1972/05   LP   MCA/Victor:JMC-5050     ファースト・アルバム First Album     Side:1-5. Without You ウィザウト・ユー [Ham - Evans] 
松崎しげる First Album
1977/12   LP   Victor:GX-27     ベスト・ヒット・アルバム Best Hits Album     Side:2-6. Without You ウイザウト・ユー [P. Ham - M. Evans
松崎しげる - ベスト・ヒット・アルバム
松崎しげる - ベスト・ヒット・アルバム back
 
 
マーク from GARO   http://musicshelf.jp/pickup/id1129/
 
松崎しげる(マツ)は大学時代に、のちにガロを結成するふたり(日高富明=TOMMY と 堀内護=マーク)とともに、ミルクというバンドを結成。
当時を振り返ったマークの書き込み http://markpage.blog40.fc2.com/blog-entry-184.html
 
以前のブログにも書きましたが、マークの家でTOMMYやマツとよく演奏していた頃。
マークは歌が上手くなりたくて、自宅のアンプにマイクをつないで練習していました。

好んで歌ったのがウォーカーブラザース。
ところが、このウォーカーブラザースの歌は音域が結構低いんです。

伸び悩んでいたときに、TOMMYが こんな曲があるよ と「MAYBE TOMORROW」を教えてくれました。
それから一年くらいだったかな?その曲に魅せられたマークは一生懸命練習して、ある日何の打ち合わせも無くTOMMYの歌にマークが上のパートのハーモニーを付けて歌ったのですが、TOMMYの顔が輝いて
「マーク、すごいじゃないか!」
そう、お互いにとっても嬉しかったんです。

 
 
1976年にガロは解散し、それぞれ個別の活動を続けたが、1983年にMark & Tommyのふたりでガロ復活。この時の江古田マーキーでのライブでは Maybe Tomorrow を演奏している。
Garo maybe tomorrow 1983

 
 
マーク from GAROスタッフ ‏@MARKfromGARO

大変残念なお知らせです。 マークこと堀内護(ほりうちまもる)は、ここ数ヶ月の短い闘病生活ではございましたが、思いのほか病魔の進行が早かったために、手当ての甲斐なく[2014年]12月9日(火)の午前3時9分、胃癌の為に永眠致しました。

 

★★★
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!