Badfinger covers

バッドフィンガー Badfinger の周辺をいろいろと... Badfinger の曲をカバーした人とか、ちょっと関わった人とか 外周を遠回りに巡ってます

沢田研二






沢田研二 - Day After Day (1972)

沢田研二 & 井上堯之グループ - Day After Day (1972)
 1972年4月某日 ジャズ喫茶池袋ACBで聴いたのが、たぶん初めての「デイ・アフター・デイ」でした。「ウイザウト・ユー」は5月から。訳詞する時間分、少し時差があったのでしょうか? 「デイ・アフター・デイ」のイントロ、井上堯之バンド堯之さんの透明で物悲しいうなるギターがいまだに耳から離れません。ジュリーもこの曲がとても好きとおっしゃっていました。 

 
沢田研二 - whisper (2004)   作曲: 八島順一 
 
 
 [日本語] 沢田研二 - ウィザウト・ユー (1972) 
 

[日本語] ジュリーマニア Julie Mania - Without You (2014/2016)

ジュリーマニア Julie Mania 佐藤雅人 
1983 TBS-TV 「沢田研二ショー」 ジュリーそっくりさん大会  370人の応募から46人が選ばれ、8人を放送。優勝。 
Julie Mania
 
Julie Mania - Without You (2014/07/11 銀座TACT ジュリーマニア#60)  [Ham - Evans / Japanese Lyrics: 沢田研二] 

 
Julie Mania - Without You (2016/05/27 銀座TACT ジュリーマニア#69)  [Ham - Evans / Japanese Lyrics: 沢田研二] 

 

 沢田研二 Julie - Without You (1972/10/17) [Ham - Evans / Japanese Lyrics: 沢田研二] 


Lena Zavaroni - Without You (1980)

Lena Zavaroni - Without You
   (November 4, 1963 - October 1, 1999)
 
1980/07/07   Lena Zavaroni - Without You [BBC TV   Lena   Season 1, Episode 5]

 
 
BBC-TV   Lena   Season 1, Episode 5   broadcast on July 7, 1980
   Lena Zavaroni
   David Gates
   Janis Ian
   Toast Marster: Bryn Williams
   Musical Director: Arthur GrennSlade
   Choreography: Ludovico Romano
   Musical Arrangements: John Colemen, Arthur GrennSlade, Alan Roper
   Vocal Backing: The Kay Garner Singers
 
During the opening credits Toast Marster Bryn Williams introduces Lena Zavaroni.
Lena opened the show singing "Make Your Own Kind of Music" and "Dream a Little Dream".

She then introduces Janis Ian whom performs sing "The Other Side of the Sun", Lena then joins them.

Lena and Bernie then sing "Put on a Happy Face".


Lena and her dance troupe then perform a song and dance routine (Lazy Bones).


Lena then sings "Without You"

After which she introduces David Gates he performs the song "Can I Call You".


Lena then sings "If a Picture Paints a Thousand Words" while David Gates plays guitar.


Lena thanks her Guests and ends the show performing a song and dance routine (Jump Shout Boogie).

 
 
 
Lena Zavaroni on Japanese TV
1974/08/25 Big Show (NHK) 沢田研二 歌のある限り
"Personality" and ”The End of the World"

リーナ - ママ恋かしら "Ma! (He's Making Eyes At Me)" (Japanese version) (1974)

 

★★★★

[日本語] 岩崎宏美 - ウイザウト・ユー (1977)

岩崎宏美 Hiromi Iwasaki - Without You ウイザウト・ユー (Peter Ham - Mal Evans / Japanese Lyrics: 沢田研二)   沢田研二の歌詞の主人公は男性なので、ここでは女性主人公の言葉に変えて歌っている
[編曲:前田憲男、コーラス:タイム・ファイブ、コール・アカシア、演奏:永尾公弘とノー・カウンツ+2 ウイズ・ストリングス] 


岩崎宏美 (1977) Without You
1977/12/20   2LP   Victor:SJX-8066,8067   新しい愛の出発 Live - Love Concert Part 1   Side:2-5. ウイザウト・ユー 
岩崎宏美 (1977) back
岩崎宏美 (1977)
2010/10/06   MEG-CD   Victor:VIMEG-10957   新しい愛の出発 ラブ・コンサート・パート1 Vol.1   11. ウイザウト・ユー   [復刻CD。2LPをVol.1 と2に分けて復刻] 
■「MEG-CD」とは
廃盤楽曲や未CD化レコード音源などをCDパッケージとして復刻・販売する、新しい音楽流通サービスです。店頭にてお客様からご注文を頂き、その場でプレスCDと同等の音質を専用のCD-Rに記録し、ジャケット/歌詞カード及びCDレーベルの印刷を行います。
岩崎宏美 - 新しい愛の出発 ラブ・コンサート・パート1 (2007)
2007/12/27   14CD+2DVD   Victor:VIZL-264   Royal Box~スーパー・ライヴ・コレクション~   Disc:3-11. ウイザウト・ユー
 
 
デビューは Pete Ham が亡くなった翌日の1975年4月25日。
 
以前にも書いたビクター系のお約束だけど(現物CDを持っていないので確認できてないけど)、ビクター のサイトで検索するかぎり 岩崎宏美のCDにはLP同様に まだ Mal Evans が曲を提供している模様。
 

★★

[日本語] 沢田研二 - ウィザウト・ユー (1972)

沢田研二 Kenji Sawada - Without You ウィザウト・ユー [Ham - Evans / Japanese Lyrics: 沢田研二]
[ジャケットとレーベルにはウィザウト・ユー/歌詞カードではウィザゥト・ユー/帯にはウイザウト・ユー]

1972年10月17日-21日 日生劇場 Live [編曲:川口真・大野克夫]
Julie 5 obi
Julie V (1972)
 1972/12/21   2LP   Polydor:MR 9121-9122     沢田研二 日生リサイタル Julie 5     Side:4-6. ウィザウト・ユー
[収録曲:全19曲+7曲メドレー]
1972/12/21   cass   Apollon:PL-1098     沢田研二 オン ステージ     Side:B-8. ウィザウト・ユー
[上記収録曲から7曲メドレーをカットし、残り19曲のうち3曲をも除外した16曲だけを収録] 
 
1977/12/15   5LP   Polydor:MRA 9610-9614     沢田研二大全集 [デビュー10周年記念]
MRA 9614 (Super Stages)     Side:2-3. ウィザウト・ユー
沢田研二 - 沢田研二大全集 (1977) r4a
 
1996/11/20   CD   East World:SPCD-1592     沢田研二 ライヴセレクション     8. Without You   [30周年記念32タイトルCD再発予約特典(非売品) 同封応募券10枚でもらえたとのこと]
沢田研二 SPCD-1592
 
2005/03/02 発売予定   CD   Universal:UPCY-6039/40     Julie V / 沢田研二日生リサイタル
[2005/01/07 発売中止発表   復刻される予定だったライヴ盤6タイトルは発売中止になりました]
 
 
沢田研二/タイガース関連のサイトを見ていたら、 沢田研二は Badfinger の Day After Day も カバーしていたとの書き込みを見つけました。
  1972年4月某日 ジャズ喫茶池袋ACBで聴いたのが、たぶん初めての「デイ・アフター・デイ」でした。「ウイザウト・ユー」は5月から。訳詞する時間分、少し時差があったのでしょうか? 「デイ・アフター・デイ」のイントロ、井上堯之バンド之さんの透明で物悲しいうなるギターがいまだに耳から離れません。ジュリーもこの曲がとても好きとおっしゃっていました。 
 
 
沢田研二 - ウィザウト・ユー 
時期はわからないけど1972年前後? テレビかラジオで放送されたスタジオライブかなぁ?
 

カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Free counters!